特殊材料卸売りならストラトスフィア
建物の資産価値が上がる
防水材料・副資材・特殊材料卸売り
STRATOSPHERE 購入方法について
カテゴリー
特殊塗料
コーティング材
防水材料
万能簡易防水材
シーリング材
シーリング用具など
注入材
保護塗料関係(トップコートなど)
脱気装置
下地処理材
ドレン関係
塗床材
機器
環境対応材料
防音対策材料
その他
オンライン見積書 FAX注文用紙ダウンロード 会社概要・地図 特定商取引法の表記 個人情報
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
ストラトスフィア
静岡県静岡市葵区上土
1-5-16
TEL:054-270-6091
携帯サイト
イーバンク決済に対応してます イプシロンに対応しています クレジットカードに対応しています
後払い.comに対応しています
 
 
 
   特殊塗料 > 塗布型漆喰「カシヌールSOFT」F☆☆☆☆
 
 
 
前の商品 塗布型漆喰「カシヌールSOFT」F☆☆☆☆ 次の商品
 
 
塗布型漆喰「カシヌールSOFT」F☆☆☆☆

 
製造元 : 螻潴
定価 : 36,000
価格 : 円(税込)
送料込み 
数量
 
容量
 
 
 

本格的な漆喰壁を“ペイント感覚”で簡単施工。

塗布型しっくい
カシヌールSOFT

F☆☆☆☆

Stratosphere Original Report


石灰粉末

お城や土蔵の美しい白壁に代表される漆喰(しっくい)は、石灰を主成分とする日本古来の天然壁材です。
良質な天然のアルカリ成分を含む石灰は、土壌や水質の中和剤として、また湿気取り、家屋周辺や下水などの消毒・殺菌剤として活用されてきました。
株式会社樫野の「カシヌール」は、石灰が持つさまざまな自然のチカラを活かした健康エコ塗材です。
しかも、取り扱いがたいへん簡単な“ペイント方式”の塗装材ですので、ハケやローラーでどなたでも簡単に施工することができます。
優れた特性を持つ日本の伝統建築「漆喰壁」を、手軽に美しく仕上げられる、これまでにない住宅塗材です。








石灰鉱山

樫野の石灰は明治初期から130年の伝統。
神戸で初めて製造された石灰製品です。

株式会社樫野は、明治6年現在の徳島県阿南市で石灰製造事業者として創業した、130年の歴史を持つ企業です。
やがて、開港間もない神戸に進出し石灰窯を築き、神戸市で初めて石灰を焼成。
当時外国人居留地そばで操業していた神戸製紙所(現三菱製紙)などに製品を納入していました。
明治・大正・昭和と「マル加印」の樫野石灰は、日本国内はもとより、遠く海外にまでその品質が評価されご愛顧いただいてきました。

石灰焼き釜

昔ながらの製法だから石灰石の天然成分が生きている。
「カシヌール」は古来の漆喰と同じ働きをします。

現在も、徳島県阿南市の加茂鉱山から良質な石灰石が産出され、昔ながらの“塩焼き”で、天然成分がたっぷり含まれた石灰製品を製造しております。
樫野石灰を主成分にしている「カシヌール」は、その昔ながらの製法ゆえに、古来から尊ばれてきた漆喰壁と同じ働きをします。
石灰の自然のチカラは、石灰石や天然塩に含まれるさまざまな天然の成分から生まれるもの。
現在も、昔ながらの製造法にこだわる樫野石灰だからこそ、塗布型漆喰「カシヌール」が生まれるのです。




カシヌールはシックハウスの原因VOCを吸着除去
安心・快適な生活空間を維持します。
※塗膜機能は、弊社技術資料によるものです。


シックハウス症候群や化学物質過敏症の原因物質である「ホルムアルデヒド」を塗膜に吸着して分解する機能を持っています。
また、ホルムアルデヒド以外の「VOC(Volatile Organic Compounds)=揮発性有機化合物」(トルエン、キシレン、エチルベンゼン、p-ジクロロベンセン、スチレン、アセトアルデヒド等)を塗膜に吸着して、除去する機能があります。

クリックで拡大表示


カシヌール効果

こんな場所、こんな用途におすすめです。

<一般住宅に>
●シックハウス対策に
●シックハウス対策、化学物質過敏症
●赤ちゃんやお年寄りのお部屋に
●アレルギーやアトピー対策に
●結露や湿気の気になる所に
●抗菌や消臭をしたいお部屋に
●ペットの臭い、煙草の臭いが気になるお部屋に
● 赤ちゃんやお年寄りのお部屋に
●アレルギーやアトピー対策に
●結露や湿気の気になる所に
●抗菌や消臭をしたいお部屋に
●ペットの臭い、煙草の臭いが気になるお部屋に

<業務用空間に>
●保育園病院 ●高齢者介護施設
●学校などに






▲カシヌール


 

色調:ホワイト/グレー/アイボリー/グリーン/ピンク/イエロー/ホワイトブラウン/グリーンブラウン

※特注色も、「6袋/箱×15ケース以上」のロットがまとまれば承ります。


適用下地

コンクリート、セメントモルタル、木部(コンパネ、ベニヤ板等)、石膏ボード、壁紙、ALCパネル、塗料、従来型コテ塗り漆喰、聚楽壁、綿壁、土壁 など。
※金属への適用は、避けて下さい。



標準施工要領
 
 ●新築編
カシヌール
下地の確認 石膏ボードの縫目部分(タテ・ヨコ共)の留付けサービスの間隔は150ミリ以下とし、段差がないか確認してください。
縫目部分のパテ処理 ・Vカット部にガラス繊維製ジョイントテープ(幅50ミリ、厚さ0.2ミリ)を伏せ込み、下塗り用パテを塗り付けます。
・ボード切口面で石膏が露出している場合はパテ剥がれする可能性がありますので、パテ処理前にプライマーを塗布してください。
・下塗りパテが乾燥した後、仕上げ用パテにて幅広く(200ミリ以上)上塗りします。
・上塗りの乾燥後、サンドペーパーを用い、平滑に仕上て下さい。
・ビス頭の処理も同様とします(テープは除く)。
下地材 シーラーの塗布 ボード表面の汚れ・ほこりを除去した後、「カシヌール・シーラー」を全面に塗布してください。
(標準使用量0.1〜0.15kg/嵒現犂チ膸間は2時間)
主材 カシヌールSOFTの塗布 ※2回塗り 総厚=0.4ミリ程度
シーラーの乾燥後、カシヌールSOFTを下塗りします。下塗りの乾燥後(4時間程度)、仕上げの上塗りをします。
◎ポイント 1.主材の塗布は材料を厚付けしないように注意してください。
2.使用するローラーは、ウールローラー(毛丈8〜13ミリ)がおすすめです。
※吹付けにつきましてはリシンガン等による、玉吹き・ゆずはだ吹きが可能です。

【コンクリート、セメントモルタル】

  1. エフロ・レイタンス・ゴミ・汚れ等は、ワイヤーブラシ、サンドペーパー、ウェスで除去し、乾燥した清掃面にして下さい。
  2. 打継ぎの段差、目違い、異物の突起、セメントかす等は、サンダーで平滑にして下さい。
  3. ピンホールが多数ある場合は、前面コテにて平滑して下さい。

【木部(コンパネ、ベニア板等)】

  1. しなベニア等(白木)アクのない木材は、使用可能ですが、米栂(ツガ)等アクの強い木材は、避けて下さい。どうしても使用する場合は、市販品のアク止めシーラーを完全に行ってから使用して下さい。
  2. 釘は、ステンレルを使用して下さい。(鉄釘の場合は、頭を防錆処理して下さい)釘頭は、2mm程度奥まで打ち込んだ後、厚付け用パテ又はボード目地処理材で平滑にして下さい。
  3. ジョイント部処理は、先にジョイントテープを貼り、目地部にボード目地処理材を奥まで充填し、薄付け用パテで巾広く平滑に処理して下さい。
    なお、パテ材は、白色を使用し、着色したものは、絶対使用しないで下さい。

【石膏ボード】

  1. ボード破損箇所の補修は、厚付け用パテ又はボード目地処理材で平滑にするか、損傷の激しい場所は、張り替えをして下さい。
  2. ジョイント部の取り付けは、胴縁等でしっかり固定し、動かないようにして下さい。
  3. ジョイント処理は、木部と同様に処理して下さい。
  4. GL工法(直貼り工法)は、ボードの継ぎ目部での動きが大きいので避けて下さい。


 ●改修編

【コンクリート、セメントモルタル】

  1. 旧塗膜で、浮き塗膜や、剥離した塗膜は、完全に除去して下さい。
  2. その他は、新築編を参照して下さい。

【木部(コンパネ、ベニア板等)】

  1. 新築編を参照して下さい。

【ALCパネル】

  1. 新築編を参照して下さい。

【壁紙】

  1. 中性洗剤等で表面に付着したゴミ、ほこり、タバコのヤニ、油分等を完全に拭き取って下さい。
  2. フクレや浮き部は、カッターで切開し、下地を清掃し、クロス専用接着剤等で修復して下さい。
    なお、フクレや浮き部でのカビ等の有無についても確認して、それが付着している場合は、完全に除去して下さい。
  3. ジョイントのメクレや破損箇所は、清掃後同柄または類似の同質壁紙で粘着または水性パテで部分補修して下さい。
  4. 施工面前面をブラシ等で入念に粉化物を除去して下さい。

【塗料】

  1. 中性洗剤等で表面に付着したゴミ、ホコリ、タバコのヤニ、油分を完全に拭き取って下さい。
  2. 旧塗膜の脆弱な部分は、完全に除去して下さい。

【従来型コテ塗り漆喰】

  1. クラック部、欠損部は、白セメントで充填処理して下さい。

【聚楽壁】

  1. クラック部、欠損部は、樹脂モルタル等で充填処理して下さい。

【綿壁】

  1. 表面は、浸透性プライマーで処理して下さい。

【土壁】

  1. 表面は、モルタルで刷毛塗りをして下さい。

カシヌールSOFT 色見本
KS-101
KS-103
KS-105
KS-107
KS-109 ※1
KS-111 ※1
KS-113
KS-115
※上記以外の調色につきましては、ご相談ください。(6袋/箱×15ケース以上より)
※天然材料を使用しておりますので、ロットにより若干の色違いを生じるとこがあります。
※1 こちらの色につきましては受注品となります。詳しくは当社へお問い合わせ下さい。

注意事項

  1. 下地処理は、各種下地処理方法に準拠して適切な下地調整を行って下さい。
    カシヌールは、乾燥塗膜厚さが0.35〜0.40mm程度で下地の凹凸などの状況が、仕上げ状態に影響しますので、平滑な状態に調整して下さい。
  2. 各種材料は、施工前に十分混ぜ練りし、均一に混ざった状態で施工して下さい。
    カシヌールの梱包形態は、環境に易しいポリエチレン袋としておりますので、よくもみほぐして練り混ぜて下さい。
    また、清水の希釈量は、仕様書の数値を遵守し、必要な粘度が維持された状態で施工して下さい。
  3. 各種材料は、仕様書の所定量(清水の数量は含まない)及び回数を遵守s、塗りむらや透けがないよう均一に塗布して下さい。
  4. 壁面の施工は、目地等の見切りの部分までは連続して行って下さい。
  5. 養生テープを除去する際には、既に施工された塗膜を引き剥がす事のないように注意して下さい。
  6. 施工場所の換気をよくして下さい。
※製品安全データシート(MSDS)がご入用の方は、お問い合わせください。

 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません